Comfortな時間

#324 6月7日放送

【女性の美の追求は、終わりがない?・・・】

M1:前前前前世(RADWIMPS)/宮野寛子

□なんて素敵な人生でしょう

ゲスト 田中由佳さん(ビューティーセラピスト、サロン・ド・スウィン主宰

人の身体はとても、繊細で、一人ひとりその状態も異なっています。今日のゲストは ビューティーセラピスト。生活習慣によって、人の身体は日々変化しているようです。お化粧をしなくても、身体の仕組みを整えるだけも、美しくなる事も出来ます。本来の「美」とは、心のセラピーで、整えるだけでも充分・・・と言われます。そして、身体の仕組みを整えるだけでも、身体全体を美しく整え、見せる事も出来る・・と言います。さて、女性の永遠のテーマ・・・と言える「美」についてのお話しを聞いて下さい。

M2:シャコンヌ(ローベル・ヴィセ)/つのだたかし
M3:孤独なダンス/STING
M4:Alone not but only/宮野寛子

□今週のアナログ

Diana/ DIANA ROSS ビクター VIP-4130
ダイアナ・ロス/ダイアナ・ロス

M5:YOU’RE ALL I NEED TO GET BY / DIANA ROSS
M6:REACH OUT AND TOUCH/ DIANA ROSS
M7:SOMETHING ON MY MIND/ DIANA ROSS
M8:I WOULDN’T CHANGE THE MAN HE IS/ DIANA ROSS
M9:KEEP AN EYE/ DIANA ROSS
M10:CAN’T IT WAIT UNTIL TOMORROW/ DIANA ROSS
M11:AIN’T NO MOUNTAIN HIGH ENOUGH/ DIANA ROSS

□今日の一言

ピアニストは。多くの人さまに、聴かれそして、見られる職業でもあります。ですから、常に「美」に気を遣っています。表面的な「美」も大切ですが、「美しさ」の根源である身体も心も、健康でなければ、どんなに着飾っても、どんなに高価な商品で美しく化粧をしても、本当の「美しさ」は身につかない・・・とも言われます。身も心も、自分磨きに、邁進している宮野です。(スタッフ 談)

Opening Theme 「Ocean」宮野寛子
Closing Theme 「Feel Colors」宮野寛子

#323 5月31日放送

【人とのご縁の深さを改めて…】

M1:テイク・オン・ミー/ペンタトニックス

□なんて素敵な人生でしょう

ゲスト 飯倉大介さん(有限会社 飯倉板金塗装業

自動車の板金・・・と言いますと、車に傷が付いたり、事故で車が破損したり すると必ず、お世話になりますが、この仕事、職人さんも年期と経験がいる職業です。油で汚れる仕事でもあるので、最近は、それに従事する人も少なくなって来ているようです。人材確保が課題でもあるとか。そして、近年は「ぶつからない車」の開発も進んでいて、「板金」と言う職業も、形態が変わって行かなければならないようです。今日のゲストは、突然 親の仕事を受け継がされた・・・と言う、「板金塗装」の代表に。どんな、苦労があったのでしょうか?

M2:Pretty Stars/Bill Frisell
M3:Thankful/Bill Frisell
M4:Moonlight/宮野寛子

□今週のアナログ

THIS TIME/AL JARREAU ワーナー P-10833W
ディス・タイム/アル・ジャロウ

M5:海の男アロンゾ/ AL JARREAU
M6:ネバー・ギブアップ/ AL JARREAU
M7:イージー・トゥ・ラブ/ AL JARREAU
M8:チェンジ・ユア・マインド/ AL JARREAU
M9:スペイン/ AL JARREAU
M10:ディス・タイム/ AL JARREAU

□今日の一言

このところ、番組にゲストで登場して頂く方に、ジュエリーデザイナーやファッションデザイナー、エステ関連の女性が多く、その度に宮野は影響を受けているようです。最近では、その方たちが集まる女子会に積極的に参加して「女」を磨いているようでもあります。美しく着飾りたい・・・と思うのは女性の性。さてさて、この先 宮野はどのように変貌して行くのでしょうか?スタッフとしては些か、関心を抱いています。(スタッフ 談)

Opening Theme 「Ocean」宮野寛子
Closing Theme 「Feel Colors」宮野寛子

#322 5月24日放送

【緊張感も心地よい・・・・】

M1:Wild Birds/HALIE LOREN

□なんて素敵な人生でしょう

ゲスト三遊亭美るくさん(落語家

10年経験しても、「まだまだ、若造、ひよっこ・・・」と言われる世界が、今日のゲスト 落語家の世界。それも、最近は多くなっていると言えども、縦社会のこの世界で、女性はまだまだ、苦労があるようです。今、話題の「セクハラ」なんて、あるんでしょうかねぇ。さあ、どんな人生が・・・?一席、お楽しみください。スーダラ節(出囃子) 三遊亭美るく さん です。

M2:ベル・プレジー/KALI
M3:人生で最も美しいリフレイン/KALI
M4:Festa com Amor/Banda Mandacarinho

□今週のアナログ

Bird With Strings/CHARLIE PARKER SONY 25AP- 855
バード・ウィズ・ストリングス/チャーリー・パーカー

M5:エブリシング・ハップン・トゥ・ミー/ CHARLIE PARKER
M6:イントロダクション/ CHARLIE PARKER
M7:イージー・トゥ・ラブ/ CHARLIE PARKER
M8:ダンシング・イン・ザ・ダーク~ジャンピング・ウィズ・シンフォニー・シッド/ CHARLIE PARKER
M9:恋とななんでしょう/ CHARLIE PARKER
M10:ローラ/ CHARLIE PARKER
M11:レピティション/ CHARLIE PARKER
M12:誰も奪えぬこの想い/ CHARLIE PARKER

□今日の一言

10年ひと昔…と言いますが、一つの事を10年 やり続けるのは大変で、10年も経験すれば、一応 「一人前」と言われますね。しかし、芸術一人前になるのは、大変です。宮野もデビュー10年になりますが、まだまだ、「一人前」(ベテラン)と、言われるまでには、あと10年?とは言え、この世界「何十年 経験しても 極める事は無限」のようです。アーティストの面白さ、大変さ は(スタッフ 談)

Opening Theme 「Ocean」宮野寛子
Closing Theme 「Feel Colors」宮野寛子

#321 5月17日放送

【私、髪型を変えて見ました・・・】

M1:CANTALOOP/MANHATTAN TRANSFER

□なんて素敵な人生でしょう

ゲスト 増田祐太さん(La Virtue 美容院経営

爽やかな季節を迎え、春風・・・と言うか、初夏の風を受けながらおしゃれをして街を歩きたくなりませんか?また、街を歩く女性の服装にも目が行きますが、風にそよぐヘアースタイルにも目を楽しませてくれる事もありますよね。番組では、この所、ファッション、ジュエリー関連のおしゃれなゲストを迎えています。そのファッションに欠かせないのがヘアースタイルですが、今日は、今、人気の美容室を経営しているゲストを。髪を1本1本カットする・・・
カットだけでも、2時間は掛かる程、また、日本の女性の髪はカットで痛めている・・・と。その美容の拘りを聞いて見ました。

M2:祇園の恋/Yamagen
M3:JOY RIDE/ Yamagen
M4:Flamingo/宮野寛子

□今週のアナログ

THE FINAL/WAHM EPIC 38・3P-751~752
ザ・ファイナル/ワム

M5:WAHM RAP/ WAHM
M6:バッド・ボーイズ/ WAHM
M8:クラブ・トロピカーナ/ WAHM
M9:ウキウキ・ウエイク・ミー・アップ/ WAHM
M10:ケアレス・ウイスパー/ WAHM
M11:フリーダム/ WAHM

□今日の一言

今日はヘアーメイクの方をゲストにお迎えしましたが、宮野は最近、ヘアースタイルを変えました(夏を迎え、相当短くしました)。いつも、知り合いの美容室(ヘアースタイリスト)に行っているのですが、今の宮野のヘアースタイルも、その方にお願いをしたのですが、やはり、スタイリストの方のセンスと信頼が大切ですね。女性にとっては、ヘアースタイルを変えるのは大きな決断でもあるようですが、そのスタイルによって、印象や人柄が変わって見えるんですね。宮野の気分にも変化が見られます。宮野がどのようなヘアースタイルになったか?一度、ライブでご覧あれ!(スタッフ 談)

Opening Theme 「Ocean」宮野寛子
Closing Theme 「Feel Colors」宮野寛子

#320 2018年5月10日放送

【美しさの本質とは…】

M1:Cachoeira / FRANCOIS MORIN

□なんて素敵な人生でしょう

ゲスト 瀬口美香さん(VINITIQUE

ストールのオートクチュールブランド扱う瀬口さん。お洒落は洋服を大切に着る…ということにも繋がる、そんな風に感じました。スタジオが美しいストールで包まれてまるで舞踏会のような華やかな雰囲気になりました。

M2:WILL THERE REALLY BE A MORNING/ Blossom Dearie
M3:SWEET SURPRISE / Blossom Dearie
M4:CHE.R.R.Y(YUI) / 宮野寛子

□今週のアナログ

ミシェル・ルグラン・ライヴ・イン・ジャパン
1972年10月29日、東京郵便貯金ホールでの実況録音盤

M5:Brian’s Song
M6:風のささやき
M7:日本のうたメドレー:荒城の月〜赤とんぼ〜さくらさくら
M8:映画音楽メドレー(フランス映画)
 愛のささやき「水の中の小さな太陽」(2:09)
 遠い日「アン・ジュール・ロワン・ディシ」(1:50)
 ロバと王女(1:51)
 ロシュフォールの恋人達(3:33)

□今日の一言

美しいもの、お洒落なもの…好みは様々だとしても誰でも惹かれますよね。ワクワクすることを仕事にしている方、自分らしく生きている方は心も容姿も美しい…そんな風に感じました。自分らしさって素敵ですね。

Opening Theme 「Ocean」宮野寛子
Closing Theme 「Feel Colors」宮野寛子

#319 5月3日放送

【GWスペシャル 男性ヴォーカルをたっぷりと…】

M1:風に吹かれて/BOB DYLAN
M2:Breezin’/Al Jarreau & George Benson
M3:マリブ/George Duke
M4:On And On/Stephen Bishop
M5:SPRING SONG/STEVE GADD

□今週のアナログ

Children Of The World/Stan Getz JC 35992
チルドレン・オブ・ザ・ワールド/スタン・ゲッツ

M6:チルドレン・オブ・ザ・ワールド
M7:ホップスコッチ
M8:ユー、ミー・アンド・スプリング
M9:雨の午後には

□今日の一言

GWはいかがお過ごしでしょうか?ゆっくりと番組を聞いてくださっている方、変わらずお仕事の方など、様々な時間を過ごされていると思います。番組はGWスペシャルということでひな祭りの女性ボーカル特集に続き、端午の節句にちなんで男性ボーカルを前半に、後半はスタンゲッツのアルバムをたっぷりとご紹介しました。いつもとは趣向が違うComfortな時間、楽しんで頂けたら嬉しいです。(スタッフ 談)

Opening Theme 「Ocean」宮野寛子
Closing Theme 「Feel Colors」宮野寛子

#318 4月26日放送

【そろそろ、ビールが美味しい季節に・・・】

M① テキーラ・ムーン/ジェシー・J

□なんて素敵な人生でしょう

大橋駿也さん(ベルギービールマイスター)

この季節、新入社員歓迎会とか、大学のコンペとか、何かと人の集まりが多い時期ですね。所謂、宴会・・・ですが、その際に必ずと言って飲むのがビールではないでしょうかねぇ。そして、乾杯の時は、先ずは「ビール」となりますが、どんな時でも、最初に喉を潤すのが「ビール」です。飲んだ時の喉越しが良いからでしょうかね?女性もお酒に強い方も多くなり、最近では飲み屋でも、女性の方が男性よりも存在感がありませんか?そのビールも、その種類も豊富にありますが、ビール通と言いますか、ビール好きの人に言わせると「ビールはベルギーだよ!」と言います。飲む時の温度もビールの種類によって異なるようで、美味しく飲むには、ビールの温度やグラスに拘る人も多いですね。さてさて、皆さんは如何ですか?

M2:Liebestraum No3/ジャンゴ・ラインハルト&ステファン・グラッペリ
M3:Swingin with Diango/ジャンゴ・ラインハルト&ステファン・グラッペリ
M4:Entre Pret e Azul/宮野寛子

□今週のアナログ

Andrews Sisters in Hi-Fi/Andrews Sisters EMI ECS-70012
アンドリュース・シスターズ・イン・ハイ・ファイ/アンドリュース・シスターズ

M5:素敵なあなた/ Andrews Sisters
M6:ビア樽ポルカ/ Andrews Sisters
M8:ラムとコカ・コーラ/ Andrews Sisters
M9:シュー・シュー・ベイビー/ Andrews Sisters
M10:リンゴの花咲く頃/ Andrews Sisters
M11:ブギ・ウギ・ビューグル・ボーイ/ Andrews Sisters
M12:ビギン・ザ・ビギン/ Andrews Sisters
M13:フェリー・ボート・セレナーデ/ Andrews Sisters

□今日の一言

お酒・・となると、やはり「おつまみ」が気になりませんか?ビールに合うつまみ、日本酒に合うつまみ、ワインに、ウイスキーに、カクテルに・・・とそれぞれ、人の好みもありますが、お酒を美味しく頂くのが「おつまみ」の存在ですね。お酒の種類が何であろうと、つまみには「枝豆」がとか。ピーナツ、柿の種が欠かせない・・・と言う人も居ますね。余りお酒に強くない、宮野ではありますが、ワイン好きな宮野は、チーズ、ビールには枝豆、餃子・・・ですかね。季節が暖かくなると、ビールを飲む機会が断然多くなりますが、「冷蔵庫には必ず1~2本・・・」、「いやいや、1ダースは冷えているよ」何て言う声も聞こえてきます。(スタッフ 談)

Opening Theme 「Ocean」宮野寛子
Closing Theme 「Feel Colors」宮野寛子

#317 4月19日放送

【鰻は 土用の丑の日 だけではありません・・・】

M1:Overjoyed/Stevie Wonder

□なんて素敵な人生でしょう

ゲスト 佐山 拓郎さん(天恩山五百羅漢寺 住職

 

今日のゲストは、天恩山 五百羅漢寺の住職さん 佐山さん。今日は普段着でご出演頂きましたが、サラリーマン経験があるにも関わらず、やはり、仏さまにお遣いする雰囲気が漂っています。仏さま、ご住職と言うと「お説教」を思い浮かべますが、そのお説教の御言葉には重みがありますよね。宮野も、ラジオの仕事に関わって来てから、「言葉」には敏感になっています。さて、今日は、佐山住職からどんな御言葉が聞かれますでしょうか?キーワードは「流される・・・」。

五百羅漢時からすぐにある目黒不動商店街では「おいもさんフェア 春の巻」が5月20日(日)開催されるそうです。おいもさんフェアで貰えるチップを持参した方は、五百羅漢寺の拝観が無料になります。この機会に参拝してみては如何でしょうか。秋には「おいもさんフェア」と「らかんさんまつり」が同時開催されるそうです(10月14日の予定)

M2:リズム・ア・ニング/セロ二アス・モンク
M3:ルビー・マイ・ディア/セロ二アス・モンク
M4:It’s not over yet/宮野寛子

□今週のアナログ

Ginseng Woman/ Eric Gale SONY 25AP- 446
夢枕/エリック・ゲール

M5:Sara Smile/Eric Gale
M6:Ginseng Woman/ Eric Gale
M7:Red Ground/ Eric Gale
M8:Derabbit/ Eric Gale
M9:East End,West End/ Eric Gale

□今日の一言

宮野も仕事柄、美味しい食べ物に出会う(機会)も多いのですが、先日、鰻を食べたい(土用の丑の日ではないのですが・・・)と言う事で、東京は麹町(番組のスタジオの近く)にあります、老舗の鰻屋「秋本」に出向きました。鰻を食べる時にちょっと悩むのが「うな丼」にしようか?「うな重」にしようか?と悩みませんか? 「うな丼」と言うと、ヴォリューム感がありそうで、女性はちょっと避け勝ちですが、実は量的には「丼」も「重」も同じなんですね。重の場合は「ご飯」と「鰻」が別になっているお店が多いのですが、何となく上品な感じがしますよね。勿論、皆さんは「丼」派?「重」派?それに「肝吸い」は?(スタッフ 談)

Opening Theme 「Ocean」宮野寛子
Closing Theme 「Feel Colors」宮野寛子

#316 4月12日放送

【春です。おしゃれに!!】

M① VOYAGE OF NO RETURN/Silvetti

□なんて素敵な人生でしょう

ゲスト 仁科朋子さん(株式会社ブーケ 代表取締役

大手広告代理店を務めたのち、現在はご自身で会社を立ち上げた仁科さん。新規ビジネスの立ち上げから、PR、何でも屋ですとおっしゃる会話の中から女性らしい柔らかな人柄が伝わってきます。

M2:Voce Eu-Coisa Mais Linda/Carlos Lyra
M3:カフェ・コパカバーナ/オスカー・カストロネヴィス
M4:Paisagem Estrelada/宮野寛子

□今週のアナログ

ABBA’S GREATEST HIT 24/ ABBA ディスコメイト DSP-3012~3013
アバ・グレーティスト・ヒット24/アバ

M5:Honey Honey/ ABBA
M6:Mamma Mia / ABBA
M8:That’s Me/ ABBA
M9:Fernando/ ABBA
M10:Rock Me/ ABBA
M11:Waterloo/ ABBA
M12:Dancing Queen/ ABBA

□今日の一言

春になると、おしゃれをしたくなるのは、男性も女性も同じ気持ちになりますね。でも、やはり女性が華やかに映り見えるのもこの季節です。ご多聞に漏れず、宮野も季節の風に誘われて、春のファッションに目が向いているようで先日も、靴やワンピースを衝動買い?したようです。まあ、これで男性の目を楽しませてくれるのですから、良しとしましょうか?さて、ファッションも良いのですが、「笑顔」が一番ではないでしょうか?春になると、誰もが優しい笑顔になれる季節でもありますから、心から笑顔になれる事を心がけて見ては如何でしょうか?笑顔は平和への近道・・・とも言いますが、「ゆとり」と「優雅」が素敵な笑顔を作り出します。Comfortナ」時間、皆さんは如何でしょうか?(スタッフ 談)

Opening Theme 「Ocean」宮野寛子
Closing Theme 「Feel Colors」宮野寛子

#315 4月5日放送

【春だ!初々しくそして、音楽たっぷり!スペシャル!!】

M1:花信風/宮野寛子 ビクター VICJ-61703
M2:Entre Rios/ANDRE MEHMARI&JUANQUINTERO&CARLOS AGUIRRE MRT NKCD-1017
M3:Song for JAPAN/ウルフ・ワケーニウス Bar Music MNGP-014
M4:Spring/mayo ドリーミュージック MUCD-1405
M5:Guajira en Waco/ルイス・パジェ&アフロキューバミーゴス
M6:ゴナ・ビー・オーライトfeat レディシ/ ロバート・グラスパー・エクスぺリメンント EMI PCD-3615
M7:Longing/Tigran Hamasyan Verve 2760686
M8:トラブル/ホセ・ジェイムス EMI PCD-3615
M9:ドッジ・ザ・ドド/ E.S.T/エスビヨルン/スヴェンソン COLOMBIA CK-85834

□今日の一言

リスナーに皆さんの厚い応援も頂き、この番組も7年目の春を迎える事が出来ました。ピアニスト&コンポーザーの宮野寛子ですが、番組1回目の放送を聞き返して見ました。彼女にとっては初めての体験・・・と言う事もあり、自分の言葉でおしゃべりしている・・・と言うよりは、台本の棒読み?の感がします。初々しい・・・とはこんな事なんでしょうね。

春の季節は、初々しさを感じますが、宮野も、いつまでもそんな初々しさは、忘れずにいて欲しいと願う次第です。引き続き、番組へのご愛聴をお願い致します。(スタッフ 談)

Opening Theme 「Ocean」宮野寛子
Closing Theme 「Feel Colors」宮野寛子