BLOG

「音と光の迫間」Live

8月5日横浜KAMOME「音と光の迫間」と題してお届けしたライブ。
ベースのコモブチ キイチロウさんとのデュオをメインに、写真家 小川義文さんが今回のために撮り下ろしてくださった映像と共に演奏するという内容でした。

コモブチさんとデュオはもうかなり久しぶり、というより、挑む…という気持ちが強いので、なかなかお願いする機会がなかったのですが、意を決して今回のライブを迎えました。思った通り、音の渦に飲み込まれるような感覚。一音の説得力がすごい。引き込まれるような集中力の中での演奏でした。戦っているわけではないけれど、格闘技のような、私にとってはそんなデュオでした。

 

 

後半は3つの映像「Session」「Flowers」「Feeling of Running」とのコラボレーションを中心に。
「Session」は事前にデュオのシーンを撮影し、その映像をバックに演奏するという小川さんの新しい試み。実際に演奏している姿を見ながら、別の視点での捉えた映像を眺めるのは、どんな感覚になるのか…客席で眺めてみたかったです。

 

「Flowers」は虫の視点で…作ったそうです。
妖艶な美しい花、「色」の美しさを感じます。

 

「Feeling of Running」はまさに、自動車写真家の小川さんならではの作品。
この映像にどんな音楽をつけるのかが一番悩みましたが、あえて、ゆったりとした「夕刻」という曲を選びました。

〜泡々した雑なものが沈殿し、考えるべきことが明確になり、深く沈思できるような感覚〜

聴きにきてくださった写真展のお仲間の一人、元木さんが素敵なコメントをよせて下さいました。とても嬉しいです。

 

【Set List】
1st
Little Sunflower
Thirsty
Snuggle Down
The Moon’s a Harsh Mistress
An Impression of Brazil

2nd
Session
花と果実~Feel Colors
Just Two
Choro Bandido
夕刻

Norwegian Wood

今回はカバー曲も多く演奏しました。
「The Moon’s a Harsh Mistress」は最近、特に気に入っている曲で耳から離れません。

 

この日のためにわざわざ映像を作ってくださった小川さんに心から感謝です。そして、ベルリンの電子音楽レーベル raster-noton のアーティストであり現代音楽の作曲家 Ueno Masaakiさんにもご協力頂きました。新しい試みのライブでしたが、個人的にはとても面白く、新しい感覚でのぞめた特別なライブになりました。また沢山の方にお越しいただき、本当にありがとうございました。

 

写真展のメンバーの方も大勢きて下さいました。
お誕生日の方がいらっしゃったので、ピアノも写真も、あとテニスも!素晴らしい浅間さんと連弾…のはずが、コモブチさんも一緒にということで豪華なHappy Birthedayとなりました♪

そして、たくさんの素敵な写真も撮って頂きました。
眞家さん、吉川さん、浜名さん、三浦さん、広瀬さん、ありがとうございました。

長身トリオツアー

本当にこの名前で良いのか…というのは、いつも迷いながらの「長身トリオ」
ボサノヴァギター弾き語り 中村善郎さん、フルートはじめ様々な笛を吹きこなす 坂上領さんとの三人です。

いつも都内でのライブでしたがツアーは初めて。
浜松・ハァーミットドルフィン、津島・くれよん、神戸・クレオール、吉良・インテルサット。
初めましてのお店も多く、行く先々、驚嘆しておりました。

どこも個性的でオーナーの人柄溢れる素敵なお店。
あたたかく迎えてくださり、有難いの一言につきます。

知らない街で演奏する場所があるということは幸せだなあと
「音楽」がもたらす力みたいなものを感じました。

善郎さんのボサノヴァを中心に、それぞれのデュオがあったり…
とこの三人ならではの音楽の形がみえてきました。
領さんが奏でるさまざまな音色!でクラシカル〜ジャズまで自由自在というか
バリエーションがすごいことになっています。
本当に器用な人です。
私もピアノだけじゃなくて、何かアイテムを増やさなければ(笑)

また、巨匠である善郎さんと年齢差を超えてご一緒できること
毎回、多くの学びがあります。
私はまだまだお子ちゃまだわ…と思ってしまいます。

「長身トリオ」初めてのツアー、お陰様で楽しい時間でした。
素晴らしい共演者のお二人に感謝です♡

次回は9月24日大塚グレコにて。
お誕生日の次の日ってことで『ちょっぴりBirthday Live?!』です。

会報「ザ・テルミー夏号 No.407」

一般財団法人 イトオテルミー親友会 会報「ザ・テルミー夏号 No.407」巻頭インタビューに掲載して頂きました。

イトオテルミーとは会のHPによると
「からだにぬくもりと刺激を与えることで、自然治癒力に働きかけ、病気の予防、疲労回復、健康増進を図る温熱刺激療法です。 」

実は母がこのテルミーをやっています。
私は10代のころから体のバランスが悪くて、このテルミーにお世話になっていました。
毎週のように病院に行って注射をするよりも、この、温熱療法の方が安心だし、自然。そんな判断から母が治療院に連れていってくれ、毎日のように通っていた時期もあります。今も自律神経のバランスはあまり良くなくて、病気というほどではないけれど、放っておいて元気でいられる…というほど健康ではないというのが正直なところです。

母は60歳前後でテルミーに再会し、ご縁あって学びはじめました。その頃、仲の良い方が突然亡くなられたりして、健康で暮らすということをより深く考えた時期だったようで、そんな理由も背中を押すきっかけだったそうです。今は自宅で家族のため、口コミでこられた患者さんのために細々とやっています。70歳を過ぎていますが、一人で月一回東京まで勉強会に来ています。本人としは色々なことが面倒になってきているようですが、でも、毎日元気に暮らせているのは幸せなことです。私自身、音楽の活動ができるのも両親が元気でいてくれるから。

スポーツを定期的にやり始めたり、40歳を境にして体のことを考える方は多いようです。ミュージシャンも体を酷使しているわけですから、日頃のメンテナンスは重要だなと思います。60歳、70歳になってもピアノが弾けているように自分の体を大切にしたいです。

先日、教えていただいた「かっさ」も民間療法のひとつ。
ほぼ毎日、マッサージに使っています。
温熱療法は熱を入れる、かっさは毒素を排出するという、全く違う作用のもの。
これで安心!なんてものはないけれど、自分にあうものを生活に取り入れていきたいと思います。
そのうち、健康オタクになるのかな??

K-MIX音楽協同組合 6月編

毎月二回、お邪魔しているk-mixおひるま協同組合の音楽協同組合。
音楽について毎回色々なお話をしています。

【6月5日メリーさんの羊 年齢ギャップ編】

メリーさんの羊の曲を様々なテーマで演奏してきた好評シリーズ。
年齢のギャップ編!ということで、昭和、平成編に分けてアレンジして演奏しました。
今回はひたすらyou tubeを見ての研究。
といいながら、財津和夫、村下孝蔵、河島英五、テレサ・テン、、、
困ったことに、ついつい楽しくなって脱線してしまうのです…

昭和の時代、改めて見ると名曲ばかり。
生のオーケストラのなんと贅沢なこと。
一人一人、楽器を演奏して音楽が作られている重厚感があります。

平成編というと
Perfume、ゲスの極み乙女、サカナクション、、、
音楽もそうだけど、ついつい、映像の面白さにも心奪われてしまいます。
ネット社会になって、音楽が聴覚だけでなくて、視覚で捉える要素が強くなったように思います。

もちろん、昭和の時代だってテレビはあったので視覚的要素はあるはずですが
全体の感覚では音楽と視覚のバランスが
平成の方が視覚的になっているように感じました。
音楽がフラットになっているのもそうゆうこと?

譜面なのか暗号なのか、自分だけがわかればいいか…とつらつら書いた五線譜。
実はこんな紙っぺらを見ながら弾いてます。

【6月19日Banda Mandacarinho アルバム紹介】

私が参加させていただいているブラジル音楽のビッグバンドBanda Mandacarinhoの1stアルバム「Um Pouquinho de Carinho 〜 A Little Bit of Love」が6月28日リリースされました。この日はいち早くアルバムを紹介しました。5曲入りのミニアルバムですが、様々なリズムの曲が収録されていてブラジル音楽の魅力をたっぷり楽しむことができます。

Members: tp: Luis Valle、田中充、高瀬龍一、竹内悠馬 tbn: 佐藤洋樹、上杉優、堂本雅樹 sax: Steve Sacks、Gustavo Anacleto、Andy Wulf、長島一樹 gtr: 平岡遊一郎 pno:宮野寛子 vib:鈴木千恵 bass: 加瀬達 drs: 加納樹麻 arr.+ direction: 八木美楠子

1. 「Festa com Amor」 (フェスタ コン アモール) 
  作曲:八木美楠子 編曲:Paulo Cesar Gomes, Mauricio de Souza, 八木美楠子
  リーダーであるMinakoさんのオリジナル曲。
  「Party with Love」という意味でとってもHappyなサンバの曲。

2. 「Caxanga」 (カシャンガ) 
  作曲:Milton Nascimento 編曲:八木美楠子
  このバンドで長年レパートリーにしてい曲で、Marcha(マルシャ)というリズムでアレンジされ
  ています。

3. 「Emoldurada」 (エモルドゥラーダ)
  作曲:Ivan Lins 編曲:八木美楠子
  Ivan Linsの曲だけで2枚アルバム作そうなくいIvan Linsの曲のレパートリーがあるのですが
  ポップでかわいいサンバの曲です。
  
4. 「Cangalha」 (カンガーリャ)
  作曲:João Lyra 編曲:八木美楠子
  ブラジルギター界の大御所João Lyraのオリジナル曲。
  ブラジル北 東部のBaião(バイアォン)というリズムです。

5. 「Bolero de Paulinho」 (ボレロ ヂ パウリーニョ)
  作曲:Paulo Cesar Gomes 編曲:Gustavo Anacleto
  バンド結成時中心メンバーであったピアニストPaulo Cesar Gomes
  通称Paulinhoが亡くな前に病室で書いたボレロの曲。
  Gustavo Anacletoが心を込めてアレンジを書きました。

花の写真展

昨年に引き続き参加させていただきました。
「第3回 小川義文監修 花の写真FBグループ写真展」
会期:2017年6月22日〜26日

今年の場所は代官山ヒルサイドテラス。建築家 槇文彦氏により設計され、近代建築のお手本のような場所なんだそうです。以前、「マグナム・フォト」の写真展を見に行ったことがあるのですが、同じ建物で写真展ができるとは…とても素敵な空間でした。

今回は加納典明さんも作品をよせてくださり、オープニングパーティーでは少しお話させて頂きました。普通すぎる、もっと心の奥底にある自分を表現しなさい!とボコボコに言われてしまいましたが、とてもまっすぐな方、その後、なんとも清々しい気分になったのは不思議な感じがしました。

 

展示中はたくさんの方にお越しいただきありがとうございました。ライブでお会いする方とは写真の説明をしたり、いつもと違った時間を過ごせるのは写真展ならではです。一部になってしまいましたが、写真展に参加している方たちやお越し頂いたみなさんと。当たり前ですが、写真を撮る方はたくさんいらっしゃって、あちらこちらでパチリ。プロのカメラマンにスマホでの撮影を何度お願いしてしまったことか!贅沢すぎます。

 

参加している方たちの作品をおさめた図録。
美しい印刷、統一された額装で展示されています。

 

今年の私の作品は1月に屋久島に行った時のもの。
よくみると雪が残っています。
小さな芽が何百年という時間をかけて大きな樹に成長していく様を
樹の人生をまざまざと感じさせてくれたのが屋久島でした。

花の写真展なのに花がない!
いざ「花」となると撮れなくなってしまうのが今の私なのかなあと思います。
いつかは花の写真が撮れることを願って。

写真家の小川義文さん、デザイナー笹川寿一さん、プロデューサー宮崎秀雄さんをはじめ、メンバーのみなさんと。大変お世話になりました。そして、ご一緒させていただき、ありがとうございました。何かを成し遂げる楽しさを改めて教えて頂いたように思います。

頭の片隅で音楽と違う時間を過ごすことに躊躇いを感じながらも、心の栄養をいっぱいもらったように思います。熟成されますように(笑)

静岡ソロピアノ2days

今年から定期的に活動している静岡でのソロピアノライブ。
6月17、18日は第二弾でした。

前半はカヴァー曲、雨や虹にまつわるナンバーを。
後半はオリジナル。
Slow Stream、An impression of Brazilなどソロでは普段やらない曲も挑戦してみました。

富士BLITZは前回もたくさんの方にお越し頂いたのですが、今回も超満員。
本当に有難いことです。
子供の頃、お世話になっていたピアノの森先生は毎回聴きにきて下さり、励ましの言葉やここが良かったよと必ず褒めて下さいます。自分自身の演奏について反省することが多いですが、先生の言葉に元気をもらい、一歩踏み出す気持ちになります。こうした出来事は随分あとになってから心の栄養となっていると気がつくものですね。

久しぶりに会った同級生の和美ちゃん。即興演奏のお題をいただくために色々質問に答えてくれました。前日に”G”が出た!!というショッキングな出来事があったそうで、面白いインプロになりましたw

この日は蝋燭を灯してのキャンドルナイト。ひやりとすることがありましたが、大事に至らなくて良かったです。イベントをする…ということの責任を改めて考える機会になりました。

翌日は袋井マムゼルで。
パイフォトニクス株式会社の池田さんにご協力いただき、虹色のホロライトが天井に!!
“Over the rainbow”を演奏しようと思っていたのでぴったりでした。このホロライトの技術は今後、すごい可能性をひめているようです。テクノロジーってすごい。

K-mixを聞いてファンになってくださった方から素敵なプレゼントを頂きました。屋久島に行ってできた曲、「Musica nova da hiroko」をイメージして作ってくださったそう。大切にお家に飾ってます。他にも岐阜から来てくださった方や、富士、袋井と二日続けてきてくださった方など、嬉しい出会いがたくさんありました。ありがとうございました。次回のソロピアノは9月17日富士BLITZです。

「音と光の迫間」ライブフライヤー

8月10日横浜KAMOMEでのライブフライヤーができました。
この日はスペシャルゲストに写真家小川義文さんをお迎えし「音と光の迫間」と題し、音楽と写真のコラボレーションライブをお送りします。フライヤーはTOKYO DAYS笹川寿一さんのデザイン。2パターン作って下さいました。とても素敵でどちらか選べないので、ツイッターで皆さんの意見を聞きたいと思います。どちらが好きが教えて下さい。投票が多かった方を使いたいと思います!

⒈カラフルバージョン

2.シンプルバージョン

K-MIX音楽協同組合 5月編

毎月二回、お邪魔しているk-mixおひるま協同組合の音楽協同組合。
5月はピアノをテーマにお話しました。

 

【5月1日 ソロピアノについて】

ピアノという楽器はオーケストラの代わりになるくらい、奏法は無限大。
音色、タッチ、間、リズム…この組み合わせによっても、奏者の香り、色、温度が伝わってきます。

最初、聴き始めたのははクラシックだったとか、ロックだったとか
その人の音楽の歴史によっても風味が変わるのも面白いです。

大好きなピアニストはたくさんいて選びきれないのですが、今回は、こちらの3人を紹介しました。世の中にある美しいものの形は数え切れないほどあるのですね。聴けば聴くほどピアノが弾きたくなります。

M1 アルゼンチンのピアニスト Carlos Aguirre 「Un pueblo de paso」
初めて聞いたときは、音楽でこんなに風を感じることができる…と感動しました。
自然を感じさせる雄大さと色彩感、フォルクローレを感じさせる独特のリズムが印象的です。

M2 オルガン奏者としても知られる LARRY GOLDINGS 「In My Room」
蒔きストーブのようなあたたかみのあるアルバムです。
抑制のきいた音数…とはまさにこのこと。
オルガンを弾いたらピアノの弾き方も変わるのかしら?と勝手に想像してしまう。

M3 様々な肩書きをもつピアニスト CHILLY GONZALES「WHITE KEYS」
初めて聴いたときは、このセンスにやられました。
こんな表現は適切はないと思いながらも、
この方の香りってこんな感じかな?と想像せずにはいられない。

 

【5月15日 ジャズピアノの歴史】

ピアノを通してジャズの歴史を概観できるアルバムという「ジャズ・ピアノの歴史」から紹介しました。逆をいうと、ジャズの歴史からピアノ奏法の発展も感じとることができます。アナログレコード談義でも盛り上がりました。

M1 ジェームス・P・ジョンソン「ミュール・ウォーク」
ストライド奏法にくわい、ジャズ・ピアノの原点になるスタイルを創り出したと言われています。
ピアノ一台でこんなにも華麗に表現できるのだと圧倒されます。

M2 ミード・ルクス・ルイス「ホンキー・トンク・トレイン・ブルース」
1927年ブギ・ウギ・ピアノの史上初のレコーディング。
素朴な味とプリミティブな黒人の魅力を感じることができます。

M3 バド・パウエル「チュニジアの夜」
モダン・ジャズ史の中で開祖的な存在。
簡素化することでよりモダンなスタイルに変化していきます。

Duo

最近、デュオで演奏する機会が増えています。
バンドも楽しいけれど、一対一の演奏というのは独特の面白さがあります。

昨日はギター露木達也さんと渋谷にあるカフェ リビングルームで。
毎月のようにお世話になっている素敵な場所です。
この日はバイオリンの江藤有希さんが一曲飛び入りしてくださいました。
初めての演奏なのに心地よくてニヤニヤw

露木さんのギターは空間とグルーブの絶妙なバランス、そこにたくさんの色があるなあと感じます。ジャンルを超えて、即興を楽しむことができます。

回を重ねるごとに見えてくることがあって、それも大切な時間だなと思っています。
自由になってどんどん面白くなっている部分と、課題な部分…
音楽と言葉で会話をしながら、確認しながら
一歩ずつ進んでいるのが嬉しい。

7月もリビングルームでデュオ、そして老人ホームでも演奏します♪

ちょっぴり室内楽的なライブ

5月3日ゴールデンウィークの真っ最中、横浜KAMOMEでライブでした。
お天気も良くて本当に清々しい1日でした。この時期に連休があるってやっぱり素敵!

「ちょっぴり室内楽的なライブ」ということで、フルート/ソプラノサックス、チェロ、ギター、ベース、ピアノという初めての編成でした。チェロが入るとクラシカルな世界が増しますし、それぞれの楽器の音色が混ざりあうサウンドは本当に美しかったです。それぞれの楽器の役割が、普段のライブとは微妙に変わってきて、何を感じてどうするか…という一音一音に集中しながらの演奏でした。

1月に屋久島に行ってできた新曲を2曲演奏しました。まだタイトルが未定でグガちゃんがつけてくれた「Musica nova da hiroko」、「森の静寂(しじま)」。どちらも「森」がテーマになっています。

「Musica nova da hiroko」は菌根菌という菌の話を知りうまれた曲。
森で生きる生物は密接に関係し合って、ひとつの世界をつくりあげている、豊かな森ではそのネットワークが凄まじいのだそう。どれだけうようよしているのかしら?と想像はどんどん広がるばかり。

「森の静寂(しじま)」は自然と人間との関係を考えたときにできた曲です。チェーンソーの時代から森は抹殺されるようになった…時代によって自然と人間との関わりは変化して、これからも変化していく。豊かな森のように、人間も自然と関われたらと思いました。怒り、悲しみ、寂しさ、喜び、誇り、さまざま感情が入り乱れていて、一言では表現できない曲だったりします。

初めて演奏する私の曲に付き合ってくださった素晴らしい達人メンバーに感謝です。
これから続けていきたいですし、もうすこし編成も大きくしたいと思っています。

次回のKAMOMEは8月10日。
ベースのコモブチキイチロウさんとのデュオ。
昨年の軽井沢で演奏した映像とのコラボが実現するかもしれません。楽しみっ。