BLOG

「美守の都 ふじのみや」〜曲作り〜

富士宮市のシティプロモーションCD「美守の都 ふじのみや」
制作までの色々なことをブログに綴っていますが、今回は曲作りについて。

なんやかんや1年以上の構想期間を経て
豊かな自然、水、風景、人、神、心、富士山
富士宮をイメージする大切な要素が段々とまとまってきました。

そこからは、ふと浮かんだフレーズをただただスマートフォンに録音してました。
ピアノの練習中に突然浮かんだものなど、とにかく、良し悪しの判断をつけず思ったままに。

もう数は覚えていませんが、録音した曲は大小おそらく30曲以上。
そこからイメージごとに分けて、改めて聴き直し、精査する作業に。
良いフレーズを組み合わせたり、そこからさらに発展させたり…
という作業を繰り返して、少しずつ1曲に仕上げていきました。

自宅だけでは煮詰まってしまう…という時もあって
軽井沢に作曲合宿と篭りにいったことも。

小さなキーボードを持ってこんな部屋に泊まっておりました。
部屋にいる時間が長いのでなるべく窓が大きい場所が良いなあと。
以前の私はそんな贅沢なこと…とためらってしまうタイプでしたが
自分を大切にする時間を作ることができるようになり、これは大きな進歩かなと思っています。
二泊三日の滞在、でも、その時間だけでは全曲はできず…

一体、曲を作っている人はどのくらい、時間をかけるんだろう…
どうやって曲を作るのだろう…

生みの苦しみというのもあるんですね。
今まであまり考えたことがない素朴な疑問が湧いてきました。

そんな時にふと思ったのが美術館で見たマティスの絵。
制作過程の絵が展示されていて、完成までにどれだけ試行錯誤したかがわかります。
自分と比べるのは恐れ多いけれど、作品を完成させるまでの過程を知るのはエネルギーをもらったような気持ちになりました。

今回、一番、苦戦したのは富士山組曲。
富士山という存在はあまりに大きすぎます。
悩んだ末、日々、富士山と一緒に暮らしている人だからこそ感じることができる
様々な富士山の表情…それなら形にできると思いました。
富士山を見ながら育った私なりの表現ができる
そう思い、霞富士、笠富士、赤富士、霊峰富士の四つの曲からなら組曲を作ることに決めました。

出来ることなら、オーケストラのような壮大なサウンドにしたかったのですが
今回の予算では無理…ということで
ピアノとチェロを軸にすることにしました。

霞富士はうららかな春の富士山。
より女性らしく感じ、わらべうたが聞こえるような、鳥のさえずりが聞こえるようなイメージに。

笠富士は可愛らしい富士山。
刻々と形をかえる雲との組み合わせも美しい風景です。
実は笠富士だけでなく色んな雲の名前が富士山にはついています。

赤富士は紅富士とも呼ばれ、朝焼けや夕焼けに赤く燃える富士山の姿
葛飾北斎など多くの画家が赤富士を描いていますが
時系列に表現できるのは音楽ならでは。
一年でも数度しかみれない美しく燃える富士山。
それは一瞬のようで、時がとまったような不思議な感覚になります。
太陽とともに富士山がドラマチックに変化する姿を想像してみました。

中でも一番、悩んだのが霊峰富士。
真っ白い雪が積もった雄大で男性らしい富士山です。
私自身、爽やかな透明感のある音楽…が好き
というか、自然に出てくる音楽がそうだったりします。

霊峰となると、もっと、荘厳な響きや強さが必要。
今まで作ったことがないタイプの曲だったので
ストラヴィンスキーやラフマニノフ、ワーグナーなどなど
クラシックを参考にして作りました。

また、この曲は法螺貝を入れたいとずっと思っていました。
富士山信仰を感じるような、より日本的な世界にしたかったのです。
大晦日に村山浅間神社に行ったのは
実際に生で法螺貝の音色を聞くため。

そして、チェロを2台重ねて、より荘厳さを感じられるようにしました。
この曲はいつか2チェロで演奏したいと思っています。

1曲に仕上げることと、どんな楽器を使うか…
というのは、今回かなり悩みましたが
インディアンフルートを入れたり、それぞれ個性のある楽曲にできたかなと思っています。

次回はレコーディングのお話をしたいと思います。

「美守の都 ふじのみや 」 プレゼントのお知らせ

CD「美守の都 ふじのみや」はどこで手にいれることができますか?
とよく質問を頂くのですが、富士宮市のイベントなどで配布されています。
GWでは令和の式典で配られたようですよ。
現在では一般発売される予定はありません。
一人でも多くの方に聴いて頂きたい…と思いながら、どのようにこの音楽が広がっていくかとても楽しみです。

実は5月18日のサローネ・フォンタナのライブでお越しいただいたお客様に抽選で10名の方にプレゼントさせて頂きました。ライブ告知時はプレゼントのお話はしなかったので、予約いただいた方はサプライズ的に喜んでくださったのでは…と思っています。

手に入れたい!という方にはまだチャンスがあります。
K-mixで放送中のラジオ番組 毎週日曜日朝8時〜On Air「宮野寛子 一枚の写真から」
5名の方にプレゼントさせていただきます。

詳しくは番組のHPをぜひ、ご覧ください。

締め切りは6月2日必着。
皆さんからのご応募お待ちしております。

美守の都 ふじのみや 〜構想期間〜

富士宮市のシティプロモーションCD「美守の都 ふじのみや」

富士宮市を音楽で表現する…とても嬉しいお話なのですが
どこから手をつければ良いのかイメージが纏まりませんでした。

子供の頃から慣れ親しんでいる場所とはいえ、まだまだ知らないことも沢山。
ことりっぷさんのツアーに同行させていただき、更なる富士宮の魅力を発見してきました。

いでぼくさんのソフトクリームを何種類も試食したり、子供の頃以来訪れたまかいの牧場は新鮮で、その充実した施設に感動でした。

振り返れば2017年の秋でした。
富士山世界遺産センターその頃はまだ工事中。

2018年の夏。
歴史についてもお話をお伺いしたい…
富士宮市立郷土資料館長 渡井一信さんにお会いしてお話を伺いました。
縄文時代から現代まで…
どんな質問をしても的確に答えてくださって
こんな素晴らしい方がいらっしゃるのだ…と感激。

その昔、浅間大社の周りには多くの神社仏閣があったそうです。
小京都のような場所だったのだと思うと、その頃の人々の暮らしさえもイメージできました。

 

富士山をご神体として祀った山宮浅間神社も案内してくださいました。
ここからはちょうどまっすぐに富士山を眺めることができます。
実は夏の季節は見えないことが多いのですが、雲の合間から富士山の姿が。
「宮野さんはやはり何かおもちですね。」
と渡井さんがおっしゃって、とても嬉しかったのを覚えています。

この時に知った富士山曼荼羅図もジャケットを作るアイディアの一つとなりました。
それから、富士山に関する本を読んだり、自分なりに調べていく中で
宗教学者、人類学者の中沢新一さんの話がささりました。

富士山が日本人にとってどのような存在だったか、また時代とともにどう変わっていったのか。
自然と人との関係など。
人間が本来もっている野生の感覚について…など。

富士宮や富士山のことに触れて、こうした時間は大切ですね。
少しずつイメージができてきました。
それから、形にしようと思いつくままにアウトプットする日々。
思いついたフレーズや曲をかたっぱしからスマートフォンに録音。
また、出てきた言葉を書き留めておりました。

豊かな自然、水、風景、人、神、心、富士山
富士宮をイメージする大切な要素が段々とまとまってきました。

そして、2018年の秋〜冬は一曲ずつ仕上げる時間に。
続きはまた記します。

美守の都 ふじのみや 〜楽曲紹介〜

元号が令和になり、2019年5月は大きな節目となりました。
令和5年、令和10年…と文字にするだけで新鮮な気持ちになりますし
これからの新しい時代に期待が膨らみます。

この世の中の変化を感じられるのは本当に面白いです。
自分が生まれた昭和という時代がまた一つ遠く過去のものになったように思え
人の意識というものはこうして移りゆくのだなと感じています。

これからは意志の時代なんだそう。
令和が平和で穏やかなうるわしい時代となりますように…

 

この春に無事完成したのが「美守の都 ふじのみや」
富士宮市のシティプロモーションとして制作したCDです。

「美守(びまもり)」とは、富士宮市内にある富士山本宮浅間大社で授与しているお守りの名称で
「身も心も清らかになるお守り」という願いが込められています。

富士山の麓にある自然豊かな富士宮
そこには長い歴史から育まれてきた人々の暮らしや信仰があります。
また富士山という存在は一言では語れない日本人の心にも通じる奥深いものがあります。

知れば知るほど豊かで魅力的なまちであると感じました。
私なりに…ではありますが、その魅力を5つの楽曲にして表現しました。
(ジャケットの解説より)
…………………………………………..

美守の都 そこに暮らす人々
美しい景色をみると人は美しい心になるのではないだろうか…
そこに暮らしている人々は美しさに守られているとしか思えないのです。
豊かな自然の恵みに育まれたすべてのものへの感謝の気持ちをこめて。

水の恵み そこに育まれるもの
水が豊かということは全ての万物に恩恵をもたらします。
雨や雪による天水は地表から姿 を消し、伏流水となり富士宮のまちのあちらこちらに湧き出ています。その壮大さを想像すると私たちは自然の一部なんだと感じます。

神 そこから感じるもの
雄大で美しい富士山に向かい何度、心の中で祈り、語りかけたことでしょう。
その風景は 私たちの意識を超えた神聖な世界を映し出してきたように思います。
その昔、富士山本宮 浅間大社の周りには多くの神社仏閣が存在したのだそうです。

朝霧高原 そこでいとなまれるもの
広く真っ青な空、草原、牧場、キャンプ、野外フェス、サイクリング、パラグライダー、
そして食の恵みはソフトクリームをはじめとする乳製品など、ここでの楽しみ方は無限です。
心地よい風を感じながら過ごす時間は躍動感あるリズムにのって。

組曲 富士山
富士の風景は日本人の心の表現ともなってきました。
様々な表情をもつ富士山 季節によって、天候によって様変わりする普遍的な美しさは私たちの心の奥底に大切な何かを残してくれます。

 霞富士
 ぼんやりと大きく浮かぶような…
 柔らかな光に包まれた富士山は女性らしいやさしさを感じます。

 赤富士
 太陽に照らされ朱色に染まる年に数回ですが息を呑むほど燃える富士山を見ることができます。
 それは一瞬の出来事、自然というのはなんてドラマチックなことをするのでしょう。

 笠富士
 「富士山が笠をかぶれば近いうちに雨」麓の住人は富士山の雲をみて天気を予測してきました。
 帽子をかぶっているかのようにみえる笠富士はどこか可愛らしさを感じることができます。

 霊峰富士
 古くから信仰や芸術の対象になってきた富士山。時に荒々しく、神聖なものとして崇められ、
 不死の山として時空を超えて私たちの魂の中に生き続けています。

…………………………………………..

こちらのCDは富士宮市のイベントやふるさと納税などで無料配布されるそうです。
このGW中は「令和」を祝うイベントでも配布されたようです。
一般発売の予定はありません。
多くの方に聴いていただき、富士宮の魅力を感じて頂ければ嬉しいです。

後日、「美守の都 ふじのみや」のパッケージやレコーディングについても記したいと思います。

2019年が始まり…

今年はブログを書きたい思っていたにも関わらず早くも2月。
今からでもまだ間に合う…ということで振り返りつつ綴っていきたいと思います。

2019年は富士宮市にある村山浅間神社で迎えました。
富士山における修験道の中心地、元旦には水垢離の儀式も行われます。
境内にある水垢離場で流れ落ちる水に打たれ心身を清める様子は見ているだけでも心が洗われました。自己との対話を求める純粋な意識はこんなにも清々しい空気を作るのだと感動。粛々と受け継がれているこの神社、そして儀式は本来の日本の心を現しているように感じました。

 

富士宮市のシティプロモーションの楽曲作りをするにあたって、この村山浅間神社は一度、訪れなければと思っていた場所。法螺貝の音色を生で聴いてみたいという目的もありましたが、儀式の中で聴く法螺貝の音色は「山の声」のように聴こえました。大晦日の夜というのは特別な気持ちになるのかもしれません。

富士宮市の楽曲作りで法螺貝を入れたいという構想は初めからありましたが、実際に訪れてみて、やはり、この音は必要だと確信しました。
訪れてよかった、また次の新しい年もここで迎えたいと思いました。

Tambun project 報告会ライブ 

気がつけば8月も残り数日ですね。
危険を伴う暑さ…という表現は今年の夏の印象的な言葉。
そろそろ涼しくなって〜と思うのですが、今日も猛暑になりそうです。

振り返ると、昨年の今頃、由佳子ちゃんと
タイで何かできたらいいね…
の初めての打ち合わせ?お茶?の約束をしていました。
それからの展開の早さを思うと、まだ一年なんだなとちょっと自分でもびっくりします。

何かできたらいいね→せっかくなら何か人様の役にたてるようなことが良い
に変わり、新たにまどかちゃんが参加、Tamnbun projectが始まりました。

特別なつてがあるわけではなかったのですが
三人集まると色々なアイディがうまれ
人との出会いが広がって
6月にはタイに行くことが決まり、様々な場所で演奏することができました。

今回は初めてのタイツアーとなったわけですが、その報告ライブでした。
スラム街にあるシーカーアジア財団 奨学金授与式での演奏、ベネズエラの児童オーケストラ・ネットワークからヒントを得て設立されたイマニュエル・オーケストラの子供達との共演、日本人学校での演奏など、お話と写真、演奏を交えながら、私たちらしく、ミュージカル風⁈のライブ報告。

そして、タイ料理を食べながらの懇親会。
料理研究家の橋下加名子さん、須永久美さんにご協力頂いたのですが、その美味しさに大絶賛でした。飲み物を自分たちで用意したり、普段とは違う手作りライブでてんやわんや!でしたが、それもまた楽し〜。

そして、そして!初めてのグッズができました。
イラストレーターのRiccoさんにご協力いただいた可愛いイラストがプリントされています。
ピアノ習っていたら絶対にお稽古バックに使いたいと思うようなトートバック。
しかも、タイのリス族が作ったポンポンチャーム付き。
近いうちにネットでも販売できるようにしたいと思います。

まだまだ始まったばかりのTamnbun projectですが、少しずつ前進しています。
アジア地域の方達とも繋がりが広がって
タイの他にもラオスやミャンマーに行く話もあります。
音楽を通してどんな風に広がっていくのだろう?ワクワク!

何か人の役にたちたい…
という想いは、普段、音楽活動をしている時とは違った気持ちになります。
うまくいえないのですが、、
自分にも相手にも欲張らなくなる

これはとっても気持ちが良くて、私は精神が健やかになるみたいです(笑)
自分にとっては、この形が向いているのだな〜と感じています。

今回のライブにお越し頂いた皆さん、またご協力頂いた方々、そして、Tamnbun projectのメンバー新妻由佳子ちゃん、山形まどかちゃんに感謝です。ありがとうございました❤︎

Tambun Project

バンコク滞在の目的はTambun Projectの活動。
幼少期過ごしたタイに何か恩返しがしたい…という想いから始まったプロジェクトです。
発足の詳しい内容はこちらの記事を。

想いがあってもそれを活動に結びつけるにはどうすれば良いか…
一年前は試行錯誤しながらの出発でした。
今、振り返るとあの頃が懐かしいですし、まさかこんなに早く実現できるとは夢にも思いませんでした。

メンバーのシンガーソングライター新妻由佳子さん、コーディネーターの山形まどかさん、私と3人で何度も(女子会トークも含め楽しい)打ち合わせを重ねましたが、一度、進み出すと不思議なくらいに物事がどんどん決まり、充実したツアーとなりました。

 

バンコクでの最初の演奏はスラム街にあるシーカー・アジア財団での授与式。貧困層のなかでもとりわけ子どもたち、青年たちの生活の質の向上を目指して教育支援を行っている財団です。授与式での演奏では歌詞をモニターに投影して下さったり、ご親族のタイ人のピアニストがいらして協力して下さったり、細かな心配りをしてくださいました。

「星に願いを」アナと雪の女王の「Let it go」の二曲を演奏。キックオフライブでご支援頂いた文房具、寄付金をお渡ししました。

  

財団の建物の1Fは図書館になっていて、とても綺麗に整理されていました。
午後は子供達と一緒に何か楽しめるものを…ということでワークショップをやらせて頂くことに。どんな環境になるか想像もつかないまま、手遊び歌をうたったり、絵本を読んだり、折り紙を一緒に折ったり。みんな喜んでくれたかな…

どんな状態でも子供達と一緒に遊べるよう、今後、私たちもスキルを磨いていきたいと思いました。

以下、財団の八木沢さんより
……………………………
今回の奨学金授与式ではバンコクのスラム地区の中学生49人、高校生19人、大学生1名の69名。中高生には、4,000バーツ(1年)、大学生は25,000バーツを支給しています。この金額では年間の学校に行くためのほんの一部です。

中学校は義務教育ですが学用品など色々とお金が必要で、高校はさらに。中高生の奨学金は新学期の制服やカバン、文房具を買う金額程にしかなりません。それでも助かる金額です。この奨学金の金額は、だいたいどこの民間団体もほぼ同じ金額です。

大学生は、大学と学部によりますが年間の授業料に匹敵する額です。特に、地方では有効です。シーカー・アジア全体では年間にバンコクと地方の440名に支援しています。

タイも格差の問題が一番、深刻です。タイの周辺国のカンボジア、ミャンマー、ラオス等はやっと小学校教育が整い始めていますが、都市と地方の格差が深刻です。タイ以外の国では、教育の分野でも音楽、芸術、体育の授業が少なく大きな課題となっています。音楽や芸術は、心を豊かに強くして世界を広げる意味でとてもこれから大切になると思います。やっと文化の時代に入ってきたと思います。

 

加古川成子さんが経営するサロン・オ・デュタンでのコンサートはタイ在住の日本人の方がたくさん来てくださいました。大切にされているピアノは一音ですぐにわかるもの。素晴らしいピアノに出会えて幸せでした。

またタイで活躍している日本人ジャズシンガーmimiさんも駆けつけて下さいました。こんな音楽の交流も心を通わす大切な出会いとなりました。

サロンではイベントを通じてタイへの寄付を募るなど、タイに還元できる活動も行っていきたいという想いから財団を設立したばかり。全く時を同じくして、私たちと同じように想っていた方がいるなんて!成子さんとの出会いもご縁を感じました。

 

スラム街にあるインマニュエル教会オーケストラとの共演。
オーケストラ出身で、今は指導の立場で関わっているヴァイオリニスト トンさんにスラム街の中を案内してもらいました。限られた場所にひしめき合いながら暮らしている人々の姿を見ることができ貴重な体験となりました。

スラム街の横には立派なビルが。この光景がタイの現状を物語っているように感じました。

 

”私たちはたくさんのお金はないですが、知識はある。知識は力になり、チャンスの扉を開くことができる。知識のもとでは、わたしたちはみんな平等なんです”そう語るトンさんはたくましく美しい青年でした。

  

母校である泰国日本人学校では1000人の子供たちを前に演奏させていただきました。演奏が始まるとしーんと食い入るように聴いてくれた子供達。とても素直で純粋に楽しんでくれる様子が私たちにも伝わって本当に嬉しかったです。今回のプロジェクトのために作ったテーマ曲「Garden」も大合唱。感動して胸が震えました。校歌のジャズバージョンもノリノリに歌ってくれました。ジャズ好きな校長先生とパチリ!

 

 

そして、バンコク、最後の夜は美味しいイタリアワインが楽しめるカフェ アバウト・イタリーでの演奏。こんなお洒落なお店があるなんて昔は考えられませんでしたが、今は素敵なお店がたくさんあって驚きました。

ご支援いただいた文房具は予想以上の数が集まりました。寄付金とともにお渡ししてきました。ご協力いただいた皆さま、本当にありがとうございました。詳しくはTambun ProjectのFBページをご覧ください。

最後にTambun Project 愛すべき二人と。
タイで過ごした数日間は感動の連続で人生観が変わるような大切な時間となりました。全ての始まりはこのお二人との出会いから。どうもありがとう❤︎

そして、そして、これからもTambun Projectをどうぞよろしくお願いいたします。

【お知らせ】
Tambun Projectの報告ライブを8月25日に開催いたします。今回のツアーの報告、ライブ演奏、またお越しいただいた皆さんとの交流の時間にしたいと思っております。詳細は決まり次第、ご報告します。どうぞよろしくお願いいたします。

Bangkok

9歳の時に2年間暮らしていたタイ。
それ以来、一度も訪れる機会がありませんでした。
ずっと恋い焦がれていた場所、ようやく行くことができました!

Tambun Projectのもう一人のパートナーまどかさん。
彼女はタイ語も英語もペラペラ。
由佳子さんが来るまでの数日、二人で過ごし、ディープなタイを案内してくれました。

 

南国になると一気にデザインも色もカラフルになります。
日本での服装が地味に見えて、味気ないものに感じてしまうのです。

インド人街で見た雑貨は柄、柄、柄の組み合わせ。そしてカオス!!
この大量に溢れている物の中から自分の好みを見つけるのは特殊訓練をしていなければ絶対できない…と思うほど軽くパニックに陥ります(笑)私、完敗。次回、行く機会があれば、ぜひともリベンジしたい場所になりました。

毎日のようにタイ料理を楽しんでいましたが、屋台で頂いたチムチュム鍋も超絶美味。
この雰囲気は懐かしくて子供の頃を思い出しました。

初めて乗ったのがバイタク。
夕方になると車が大混雑して進まないのでバイクが便利なんだそうです。
怖くて微動だにできない私をまどかちゃんが後ろから追っかけて激写。
日本では考えられないようなこのスリリングな感じもタイならではです。

 

何よりも幸せなのはフルーツ❤︎
この新鮮なマンゴスティンとライチは地元だからこそ。

子供の頃、暮らしていたSoi Langsuan通りにあるRanee Court。
どうしても行ってみたくて連れていってもらいました。
取り壊される予定なのか誰も住んでいない様子。
それだけ時が過ぎたんだなと現実を見たような少し寂しい気持ちと、なくなる前に会えたという嬉しい気持ちが交錯しました。

タイ滞在の後半はいよいよTambun Projectの活動へと続きます。

Tambun Project 〜未来の旅人へ〜 Kick Off Concert 

まだ二週間も経っていないのに、随分前のことのように感じます。
Tambun Projectのキックオフコンサート。

6月3日とても爽やかなお天気の日曜日。
午後からのコンサートは満員のお客様で熱気に包まれておりました。
遠くから来てくださった方もいらっしゃったり、お越し頂いた皆さま、本当にありがとうございました。

幼少期お世話になったタイに恩返しができたら…という想いから始まったTambun Project。
この日は主旨を皆さんに直接お伝えしたい、またこのプロジェクトの第一歩という大切なコンサートでした。

私のオリジナル曲「Mama’s song」に由佳子さんが歌詞をつけてくださったり
プロジェクトのテーマソング、二人の共作でもある「Garden」を披露したり
シーカーアジアの吉田さんが来てくださり、タイの事情をお話してくださったり
盛り沢山な内容となりました。

ベース織原さんにもばっちりサポートしていただきました♪

タイのスラム街の子供達への援助を募集したところ、こんなに沢山の文房具をお寄せいただきました。ありがとうございました。子供達にしっかりと届けて参りました!!

「Japanese Pop Meets Jazz」

「Japanese Pop Meets Jazz」
6月1日に一般発売されました!!

k-mixひる協リスナーの皆さんと作り上げたアルバムです。
収録されている曲は100曲以上頂いたリクエストの中から選びました。
自分一人では考えもつかない選曲ばかり。
素敵なアルバムが作れたこと、心から御礼申し上げます。
そして、たくさんの方に聴いていただけたら嬉しいです。

<収録曲>
1.CHE.R.RY(YUI)
2.恋 (星野源)
3.前前前世(RADWIMPS)
4.STAY TUNE (Suchmos)
5.真夏の果実(サザンオールスターズ)

<演奏>
宮野寛子(ピアノ)
コモブチキイチロウ(ベース)
佐藤正治(パーカッション、ドラム)

<販売店舗>
amazon
HMV

・TSUTAYAすみや富士中央店
・TSUTAYAすみや三島店
・TSUTAYAすみや函南店

・すみや静岡平和町店
・すみや静岡本店
・TSUTAYA佐鳴台店

・イケヤ高林店
・イケヤプレ葉ウォーク
・イケヤイオンモール浜松志都呂店
・イケヤMARK IS静岡店
・イケヤ沼津イシバシプラザ店

販売店舗のエリアを拡張していく予定です!