宮野寛子

#317 4月19日放送

【鰻は 土用の丑の日 だけではありません・・・】

M1:Overjoyed/Stevie Wonder

□なんて素敵な人生でしょう

ゲスト 佐山 拓郎さん(天恩山五百羅漢寺 住職

 

今日のゲストは、天恩山 五百羅漢寺の住職さん 佐山さん。今日は普段着でご出演頂きましたが、サラリーマン経験があるにも関わらず、やはり、仏さまにお遣いする雰囲気が漂っています。仏さま、ご住職と言うと「お説教」を思い浮かべますが、そのお説教の御言葉には重みがありますよね。宮野も、ラジオの仕事に関わって来てから、「言葉」には敏感になっています。さて、今日は、佐山住職からどんな御言葉が聞かれますでしょうか?キーワードは「流される・・・」。

五百羅漢時からすぐにある目黒不動商店街では「おいもさんフェア 春の巻」が5月20日(日)開催されるそうです。おいもさんフェアで貰えるチップを持参した方は、五百羅漢寺の拝観が無料になります。この機会に参拝してみては如何でしょうか。秋には「おいもさんフェア」と「らかんさんまつり」が同時開催されるそうです(10月14日の予定)

M2:リズム・ア・ニング/セロ二アス・モンク
M3:ルビー・マイ・ディア/セロ二アス・モンク
M4:It’s not over yet/宮野寛子

□今週のアナログ

Ginseng Woman/ Eric Gale SONY 25AP- 446
夢枕/エリック・ゲール

M5:Sara Smile/Eric Gale
M6:Ginseng Woman/ Eric Gale
M7:Red Ground/ Eric Gale
M8:Derabbit/ Eric Gale
M9:East End,West End/ Eric Gale

□今日の一言

宮野も仕事柄、美味しい食べ物に出会う(機会)も多いのですが、先日、鰻を食べたい(土用の丑の日ではないのですが・・・)と言う事で、東京は麹町(番組のスタジオの近く)にあります、老舗の鰻屋「秋本」に出向きました。鰻を食べる時にちょっと悩むのが「うな丼」にしようか?「うな重」にしようか?と悩みませんか? 「うな丼」と言うと、ヴォリューム感がありそうで、女性はちょっと避け勝ちですが、実は量的には「丼」も「重」も同じなんですね。重の場合は「ご飯」と「鰻」が別になっているお店が多いのですが、何となく上品な感じがしますよね。勿論、皆さんは「丼」派?「重」派?それに「肝吸い」は?(スタッフ 談)

Opening Theme 「Ocean」宮野寛子
Closing Theme 「Feel Colors」宮野寛子

#316 4月12日放送

【春です。おしゃれに!!】

M① VOYAGE OF NO RETURN/Silvetti

□なんて素敵な人生でしょう

ゲスト 仁科朋子さん(株式会社ブーケ 代表取締役

大手広告代理店を務めたのち、現在はご自身で会社を立ち上げた仁科さん。新規ビジネスの立ち上げから、PR、何でも屋ですとおっしゃる会話の中から女性らしい柔らかな人柄が伝わってきます。

M2:Voce Eu-Coisa Mais Linda/Carlos Lyra
M3:カフェ・コパカバーナ/オスカー・カストロネヴィス
M4:Paisagem Estrelada/宮野寛子

□今週のアナログ

ABBA’S GREATEST HIT 24/ ABBA ディスコメイト DSP-3012~3013
アバ・グレーティスト・ヒット24/アバ

M5:Honey Honey/ ABBA
M6:Mamma Mia / ABBA
M8:That’s Me/ ABBA
M9:Fernando/ ABBA
M10:Rock Me/ ABBA
M11:Waterloo/ ABBA
M12:Dancing Queen/ ABBA

□今日の一言

春になると、おしゃれをしたくなるのは、男性も女性も同じ気持ちになりますね。でも、やはり女性が華やかに映り見えるのもこの季節です。ご多聞に漏れず、宮野も季節の風に誘われて、春のファッションに目が向いているようで先日も、靴やワンピースを衝動買い?したようです。まあ、これで男性の目を楽しませてくれるのですから、良しとしましょうか?さて、ファッションも良いのですが、「笑顔」が一番ではないでしょうか?春になると、誰もが優しい笑顔になれる季節でもありますから、心から笑顔になれる事を心がけて見ては如何でしょうか?笑顔は平和への近道・・・とも言いますが、「ゆとり」と「優雅」が素敵な笑顔を作り出します。Comfortナ」時間、皆さんは如何でしょうか?(スタッフ 談)

Opening Theme 「Ocean」宮野寛子
Closing Theme 「Feel Colors」宮野寛子

新番組「宮野寛子 一枚の写真から」

この4月からK-mixで新しい番組が始まりました。
「宮野寛子 一枚の写真から」 毎週日曜 8:00~8:25

一枚の写真から私がイメージして選曲をするという番組です。
お時間のある方は番組のHPに掲載されている写真と合わせて楽しんでいただく、聴覚、視覚ともに妄想が膨らむラジオです。

写真に興味をもってから数年、一眼レフのカメラを持つようになって3年、まだまだオート機能から抜けきれない超初心ですが「イメージする」ことの面白さは写真も音楽も同じ。どうして写真を好きになったのか…この番組を通していろいろな気づきがあってとても楽しいです。

一瞬を切り取った写真はその時に出会った全てが投影されています。何気ない一枚だとしても、そこには、その時にしか撮れない心象風景が詰まっています。大切な一枚から、心を読み取り、感じ、想像して…音をのせると、まるで映画のように写真が動き出すように感じます。

まだ始まったばかりの番組ですが、どんな風に発展するかワクワクしています✨

番組ではすでに沢山の写真が届いておりますが、まだまだ「一枚の写真」を募集しています。スマートフォンの中にはいっぱい写真がつまっているはず!もちろん、お気に入りのカメラで撮影した一枚も大歓迎です。皆さんからの投稿お待ちしております!

【応募先はこちら】
写真をメールに添付して、コチラのメールアドレスまでお送りください。
miyano@kmix.jp
※データの大きさは1MB以内でお願いします。

日曜日の朝はゆっくりしたいという方は一週間の間、好きな時間帯で聴くことができるradikoのタイムフリーという機能が便利です。静岡県外の方でもプレミアム会員になると全国のラジオが楽しめます。また、全国のFM局のラジオ番組をエリアフリー・無料で楽しめるラジオ・プラットフォーム「WIZ RADIO(ウィズ レディオ)」というアプリも最近、できたようでこちらも要チェックです!

#315 4月5日放送

【春だ!初々しくそして、音楽たっぷり!スペシャル!!】

M1:花信風/宮野寛子 ビクター VICJ-61703
M2:Entre Rios/ANDRE MEHMARI&JUANQUINTERO&CARLOS AGUIRRE MRT NKCD-1017
M3:Song for JAPAN/ウルフ・ワケーニウス Bar Music MNGP-014
M4:Spring/mayo ドリーミュージック MUCD-1405
M5:Guajira en Waco/ルイス・パジェ&アフロキューバミーゴス
M6:ゴナ・ビー・オーライトfeat レディシ/ ロバート・グラスパー・エクスぺリメンント EMI PCD-3615
M7:Longing/Tigran Hamasyan Verve 2760686
M8:トラブル/ホセ・ジェイムス EMI PCD-3615
M9:ドッジ・ザ・ドド/ E.S.T/エスビヨルン/スヴェンソン COLOMBIA CK-85834

□今日の一言

リスナーに皆さんの厚い応援も頂き、この番組も7年目の春を迎える事が出来ました。ピアニスト&コンポーザーの宮野寛子ですが、番組1回目の放送を聞き返して見ました。彼女にとっては初めての体験・・・と言う事もあり、自分の言葉でおしゃべりしている・・・と言うよりは、台本の棒読み?の感がします。初々しい・・・とはこんな事なんでしょうね。

春の季節は、初々しさを感じますが、宮野も、いつまでもそんな初々しさは、忘れずにいて欲しいと願う次第です。引き続き、番組へのご愛聴をお願い致します。(スタッフ 談)

Opening Theme 「Ocean」宮野寛子
Closing Theme 「Feel Colors」宮野寛子

K-MIX ひる協 音楽協同組合 J-POPカヴァー⑨

K-mix おひるま協同組合 リスナーと作るCD制作プロジェクト
J-POPで伝えたいJAZZの魅力 ~宮野寛子 珠玉のピアノカバー~

長期にわたってこのブログでもご報告してきましたプロジェクト。
いよいよ完成しました!のお知らせとともに最終章に近づいてきました。

春爛漫の3月24日(土)
達成ライブは浜松駅からすぐにあるKAWAI ミュージックサロン「ブリエ」という素晴らしい空間で行われました。パーソナリティー日下さん、もえさんとのトークショーでは様々な苦労話、裏話が。

振り返ってみても、元旦の垂れ幕 お披露目式や中日新聞掲載(もえちゃんはインフルエンザでおやすみ)もうすでに懐かしい良い思い出です。

ライブはベース コモブチキイチロウさんとのデュオ。
CDの音源とは違うライブならではのパフォーマンスで盛り上がりました。
最高級グランドピアノ「Shigeru Kawai」の音色は広がりがある美しい響き、また、生音のウッドベースも低音が心地よく、アコースティックならではの気持ち良さを味わっていただきました。

県内のかたはもちろん、遠方からきて下さったもいて、会場はあたたかな空気に包まれていました。皆さん、待ちに待ったという素敵な笑顔です!
お一人ずつお名前をお呼びして、まるで表彰状を手渡すかのような授与式(笑)
でも、お会いして、直接、お渡しできる喜びをかみしめておりました。

会場の受付ではまず、お礼のメッセージカードと記念の缶バッチをプレゼント。デザインは日下さんが担当してくださいました。この缶バッチ、めっちゃ素敵!個人的にはとっても気に入っております。

今回、支援していただいた方にはお礼の気持ちを「手作り」という形でお返ししたいと思い、あえて、ジャケットは大きな紙を折りこみCDを包むという仕様にしました。その他にも手書きの譜面は遊び心でイラストを描いたり、サインをしたりと夜なべ気分で作業をしました。特に、ジャケットを折る作業は時間がかかるらしく←私は一枚も折っておりません。ごめんなさい💦、もえさんがたくさん頑張ってくれました。

 

Morito Suzukiさんが手がけて下さったジャケットは本当に美しく、楽曲をアートで再現してくださいました。

「おひるま協同組合」で毎週発表される楽曲を聴きながら、リスナーの皆さんと想いを共有しながら制作したイメージです。星のイメージはもちろんあの楽曲からのインスピレーション!このプロジェクトが皆さんの宝物になる事を願って、全身全霊をかけて取り組みました。

今回のプロジェクトでは様々なプランがありました。
その中の一つはピアノレッスン。
なんと高校生の可愛らしい女の子が生徒さん。
お父さんが申し込んでくださったそう。あっという間の1時間でしたが、良い時間に良い思い出になっていたら嬉しいです。

そして、スタジオ見学プランも!
実際にオンエアでお話もしていただいて、緊張感ある生放送となりました。

3月25日、30日はレコーディングメンバーの3人が揃ってのライブとなりました。パーカッション佐藤正治さんが入ると宇宙、大アマゾンの世界へ!回を重ねるごとにどんどん変化していきました〜。「Stay Tune」のこもさんのカッコ良いソロに、マサさんのヴォイス、口琴。予想をはるかに上回る展開。凄すぎる、そして、楽しかったあ!!!

ここ数日、「届きましたよ〜!」の報告がたくさん寄せられております。一部ですがSNSで送って下さった写真。一人感激して涙しております。皆さんに支援していただき実現したプロジェクト、たくさんのありがとうをお伝えしたいです。でも、また、さらに、あたたかなメッセージをいただいております。物凄いパワーになります。心より御礼申し上げます。

このプロジェクト、もう少し、展開がありそうです。詳細が決まりましたら、改めてご報告させていただきます!2018年の春は私にとって忘れられない年になりそうです。

「宮野寛子 一枚の写真から」新番組スタート

2918年4月からナビゲーターをつとめる新しい番組 K-MIX「宮野寛子 一枚の写真から」がスタートしました。日曜日の朝、爽やかなひとときになりますように。

一枚の写真から…どんな音が、そして音楽が見え、聴こえてきますか。
今や誰にとっても身近な存在である写真。
旅はもちろん、大切な人との時間、日常や特別な日、美しい景色など一瞬の魅力をきりとった写真には、あなたの心象風景が詰まっています。そんな大切な一枚に音楽をのせてみたら…

この番組はピアニスト、作曲家、そして最近では写真展にも参加している宮野寛子があなたの一枚の写真から…想起した音楽をお届けします。

あなたが撮影した写真を番組までお送りください。
メール添付でコチラまで。
miyano@kmix.jp
※データの大きさは1MB以内でお願いします。

放送時間/毎週日曜日 8:00~8:25
出演/宮野寛子

#314 3月29日放送

【ぴかぴかの一年生・・・はいつの頃?】

M1: アップ・フォー・カミン・タウン/マリーナ・リマ

□なんて素敵な人生でしょう

ゲスト 橘 直美(ジュエリー作家

今日のゲストは、美しさは美貌だけではなく、綺麗なジュエリーを創作されているジュエリー作家の方。綺麗に着飾る事に目がない・・・女性にとっては、ジュエリーは特別なものなんでしょうね。ブランドもののジュエリーは勿論ですが、近年は、個性的なデザインをするジュエリー作家が多く、見受けられますよね。デパートやショッピングセンターの入口には、必ずと言って良いほど「ジュエリーショップ」の店舗が並んでいます。男性には目の毒・・・になりそうですが、華やかで賑やかな雰囲気はついつい目を向けてしまいます。暫くは、美しい話で着飾って下さい。

M2:The tears that bind us to this place/ダコタ・スイート&クエンティン・サージャック
M3:There is calm to done/ダコタ・スイート&クエンティン・サージャック
M4:Above the clouds /宮野寛子

□今週のアナログ

FULL MOON/ NEIL LARSEN&BUZZ FEITEN BANDワーナー P-11119
フルムーン/ニール・ラーセン&バジー・フェイトン

M5 : HEROE’S/ NEL LARSEN&BUZZ FEITEN
M6:THE VISITOR/ NEL LARSEN&BUZZ FEITEN BAND
M8 : TWILIGHT MOOM/ NEL LARSEN&BUZZ FEITEN BAND
M9:BROWN EYES/ NEL LARSEN&BUZZ FEITEN BAND
M10: LITTLE COWBOYS/ NEL LARSEN&BUZZ FEITEN BAND

□今日の一言

4月を目の前にして、新年度の4月は、「ゼロ」スタートの時期でもあります。また、「春」の季節と言う事もあり、気持ちも改まる季節ではないでしょうか?そして、この季節に合う食べ物と言えば、「パン」それも「バケットパン」がイメージされませんか?爽やかな春風に吹かれて、バケットを持って、街を歩く・・・パンが似合いますね。そうそう、パンも種類が豊富で、選ぶのも迷いますね。私の定番は「クロワッサン」、「アンパン」、「クリームパン」、「カレーパン」ですが、人気のパン「ベスト10」には必ずランクされます。そうそう、先日、久しぶりに「ソース焼きそばパン」を食べましたが、無性にそんな菓子パンを食べたくなる時がありませんか?「コロッケパン」もいいですね。(スタッフ 談)

Opening Theme 「Ocean」宮野寛子
Closing Theme 「Feel Colors」宮

#313 3月22日放送

【ローカル電車もいいものだぁ!】

M① Samba Des Prophetes/Michel Petrucciani

□なんて素敵な人生でしょう

ゲスト チューチューチューさん(夫婦漫才師

今日のゲストは、何と!番組でも初めて!!夫婦漫才師。今では、若手の芸人は多くいます(競争も激しいです。)が、最近 夫婦漫才・・・は珍しいですね。世の中から「笑い」が無くなったらどうなるんだ!と思いますが、もはや、生活の中に「笑いは必需品(失礼)」になっていませんか?夫婦漫才は、昔から「女尊男卑」。(夫婦漫才じゃなくても、いつも女性は強いんだ!)さてさて、どんな笑いの人生が聞けるのでしょうか?

M2:イン・ザ・ムード/東京ディズニーシー「ビッグバンドビート」
M3:ジャズ・ベイビーズ/東京ディズニーシー「ビッグバンドビート」
M4:in a sunny place /宮野寛子

□今週のアナログ

Longer Fuse/ Dan Hiil キング GP-552
ふれあい/ダン・ヒル

M5:ふれあい/ Dan Hiil
M6:愛の名のもとに/ Dan Hiil
M8:クレイジー Dan Hiil
M9:マッカーシーの時代/ Dan Hiil
M10:ジーン/ Dan Hiil

□今日の一言

忙しない世の中。今や、車社会の中で、車窓の景色を眺めながら「電車」で移動するのは良いものです。特に、ローカル電車に乗ると景色と共に、風を感じられると、「生きてて良かったなぁ」と思わず気持ちが和んでしまいませんか?先日、宮野は「前橋」までレコーディングでローカル線の旅・・・を経験してきたそうです。新幹線で移動すれば、1時間弱のところを3時間余り掛けて移動したそうです。さぞかし景色を愛でながら、のんびりと・・・と思いきや、どうも寝ていたのでは?そうそう、ローカル電車で思い出しましたが、宮野は新幹線でも「こだま」が好きでK-mixの番組出演の時は、いつも「こだま」で移動なんです。どうも、「ひかり」とか「のぞみ」のスピードが合わないようです。皆さんは如何でしょうか?(スタッフ 談)

Opening Theme 「Ocean」宮野寛子
Closing Theme 「Feel Colors」宮野寛子

#312 3月15日放送

【女性の美・・・とは】

M1:LOOKING BACK/David Benoit

□なんて素敵な人生でしょう

ゲスト 石井聖子さん(シンガー、エステサロン経営

今日のゲストは、何とも 綺麗、華麗・・・言葉には尽くせない程の美しさを(ラジオを聴いて頂いている皆さんには申し訳けありませんが・・・)具えてしるシンガーであり、エステサロン経営をしている才女。きれいだなぁ!と共感しているだけではありません。そんな才女は一体どんな素晴らしい女性なんでしょうか?

M2:Anniversary/石井聖子
M3:ORDINARY〜冬の午後〜/石井聖子
M4:Slow Stream /宮野寛子

□今週のアナログ

YOUR WORLD AND MY WORLD/ ALBERT HAMMOND ソニー 25AP 2025
風のララバイ/アルバート・ハモンド

 

M5:遠い日のサンセット/ALBERT HAMMOND
M6:風のララバイ/ ALBERT HAMMOND
M7:メモリーズ/ ALBERT HAMMOND
M8:ひとりぼっちの渚/ ALBERT HAMMOND
M9:ワールド・オブ・ラブ/ ALBERT HAMMOND
M10:思い出のテラス/ ALBERT HAMMOND
M11:テイク・ミー・セイリング/ ALBERT HAMMOND

□今日の一言

男性からすると、「毎日、毎時間 女性のお化粧、メイクは大変だなぁ!と 尽々思いますね。ある統計によると、働く女性の化粧時間は1日14時間・・・」といいます。朝、費やす時間は10分~15分。そして、普段の化粧時間は1時間・・・とか。それにしても、1日 14時間とは驚くばかりですね。そんな話を聞いて、宮野はどうなのか?と言う思いが過りましたが・・・。女性芸能人は、車や電車の中でどんなに揺れていても、上手にそれも、手際よく化粧をする・・・と言いますし、実際見たこともありますが、それはそれは、目を見張る程の、熟練テクニックでした。男性の化粧時間は余り、聞きませんが、近年、男性の化粧品も販売量が増えているようで、もしかしたら、女性並みの時間を・・・と言う事でしょうか?(スタッフ 談)

Opening Theme 「Ocean」宮野寛子
Closing Theme 「Feel Colors」宮野寛子