宮野寛子

#364 3月14日放送分

【美守の都 ふじのみや 第二弾】

M1: No tempo de Ana / Renato Motha

「美守の都 ふじのみや」より
M2: 朝霧高原 そこでいとなまれるもの / 宮野寛子
M3: 「富士山組曲」笠富士 / 宮野寛子
M4: 「富士山組曲」霊峰富士 / 宮野寛子
M5: 水の恵み そこに育まれるもの / 宮野寛子

□今週のアナログ

…And a Time to Dance/LOS LOBOS

M5: Walking Song
M6: Anselma
M7: Come On, Let’s Go
M8: Why Do You Do?
M9: Ay Te Dejo En San Antonio(アントニオを探して)

□今日の一言

先週に引き続き「美守の都 ふじのみや」の特集第二弾です。風景を音楽にする…というのは宮野が得意としていますが、富士山というのはスケールが大きく、存在が大きいだけにかなり悩んだようです。皆さんにどう伝わるのか、感じるのか、とても気になるところです。(スタッフ 談)

Opening Theme 「Ocean」宮野寛子
Closing Theme 「Feel Colors」宮野寛子

#361 2月21日放送分

【私が私であること】

M1:気ままな女たち「幸せはパリで」オリジナルサウンドトラック/タジ・マハール

□なんて素敵な人生でしょう

ゲスト 平美和さん(主婦パフォーマンス集団「コマエンジェル」リーダー

現役の主婦たちで結成されているコマエンジェル。自分たちのペースを、家族を、お客様を大切に。それは常にまっすぐで純粋な気持ちだからこそ心に響くものがあるのではないか…そんな印象をうけました。

M2: present / 小出美智子
M3: ザ・ウィナー  / スーザン・ボイル
M4: Entre Preto e Azul / 宮野寛子

◻︎「宮野寛子 10th Anniversary Vol.1 ~私が私であること~」より

*10周年記念ライブよりスペシャルでお届けします。
1月18日(金)渋谷・JZ Brat
 宮野寛子(pf)、宮野弘紀(g)、コモブチキイチロウ(b)、Daniel Baeder(ds)
 Guest:斎藤ネコ(vln) 新妻由佳子(vo)

M5: Garden / 新妻由佳子・宮野寛子
M6: Thirsty / 宮野寛子
M7: Mama’s song / 新妻由佳子・宮野寛子
M8: Walk Tall / 宮野寛子

□今日の一言

今年は1stアルバムをリリースして丸10周年ということで「私が私であること」というタイトルを掲げ精力的にライブをお届けしています。後半はそのライブの模様をたっぷりとお送りしますが、前半のゲストの平さんもまさに私らしさにこだわったお一人。自分らしく生きる…それが世界平和に繋がると思うのは私だけでしょうか?(スタッフ 談)

Opening Theme 「Ocean」宮野寛子
Closing Theme 「Feel Colors」宮野寛子

#362 2月28日放送

【漫画は夢の世界と現実の世界へ・・・】

M1: サレンダー・トゥ・マウンテン / ゴー・ゴー・ペンギン

□なんて素敵な人生でしょう

ゲスト 鈴木マサカズさん(漫画家

日本の漫画は今や世界のマーケットに拡大しており、日本の漫画家作家に学ぶ世界の若者は、余多存在しています。デジタルが普及していますが、漫画家のペンによる手書きの繊細さ、質感などはデジタルに勝る手法ではないでしょうか?そして、今ではネットの分野でも、アマチュアの人達が自らの作品を掲載し、多くのファンを持っていますが、漫画家にとってはやはり「単行本」を発表、発売される事が究極の目標だそうです。さて、今日のゲストの漫画家鈴木マサカズさんとは、どんな漫画家人生を送っているのでしょうか?

M2: My Life / BILLY JOEL
M3: The River of Dreams / BILLY JOEL
M4: It’s Not Over Yet / 宮野寛子

□今週のアナログ

TWENTY SONGS OF CENTURY MICHEL LEGRAN
ミッシェル・ルグランの世界~20世紀、不滅の20曲 SONY BLPW1~2

M5: My Funny Valentine
M6: セントルイスブルース
M7: ビギン・ザ・ビギン
M8: ハウ・ハイ・ザ・ムーン
M9: ワン・ノート・サンバ
M10: アイ・ウィル・ウェイト・フォー・ユー(シャルブールの雨傘より)
M11: 明日に掛ける橋

□今日の一言

番組の冒頭で、瞑想の話しをしていましたが、最近、宮野は毎朝、ネット番組ですが「瞑想番組」を聴きながら朝の目覚めと、聴きながらの微睡を楽しんでいるようです。(もしかしたら、殆ど微睡?かも)でも、朝目覚めた後の微睡は、何とも言えない程、気持ち良いですね。(スタッフ 談)

Opening Theme 「Ocean」宮野寛子
Closing Theme 「Feel Colors」宮野寛子

#360 2月14日放送

【音楽の魅力…】

M1:マイ・ブルー・ヘヴン /ノラ・ジョーンズ

□なんて素敵な人生でしょう

ゲスト 鹿庭弘百さん(一般社団法人 街角に音楽を@香川

香川の街づくりを音楽で豊かにしていきたい…どんな豊かな時間、空間、出会いが生まれたのか…取り組みについて、音楽への情熱などたっぷりとお話をお伺いしました。

M2: The Dolphin (after)/ Bill Evans
M3: I’m All Smiles / Bill Evans
M4: Above the clouds / 宮野寛子

□今週のアナログ

「 リー・リトナー ザ・ベスト 」リー・リトナー

M5: キャプテン・カリブ
M6: キャプテン・フィンガーズ
M7: クリスタル・モーニング
M8: レインボー

□今日の一言

音楽の魅力とは一体何なのでしょうか?音楽を聴くことが好き、音楽で踊ることが好き、音楽を奏でることが、歌うことが好き、音楽を作ることが好き…人それぞれ音楽に対して想いは異なるかもしれませんが、その魅力は計り知れません。そして、私たちが感じている以上にもっと音楽には見えないパワーがあるような気がしてなりません。感じること…を言葉にするのは難しいけれど、だから楽しい…とも思うのは私だけでしょうか(スタッフ 談)

Opening Theme 「Ocean」宮野寛子
Closing Theme 「Feel Colors」宮野寛子

#359 2月7日放送

【バレインタイン・・・と言うけれど、今年は本気モードで?】

M1:Endless Lawns / Kurt Elling

□なんて素敵な人生でしょう

ゲスト 門田頼枚さん(プロデューサー、舞台演出家

舞台を楽しませてくれるのは、今や、演技だけではなく、演出家の存在は大きく欠かせない存在です。その「本来の演出家の仕事は、単に舞台の演出だけでなく、チケットのデザインや、会場のロビーから会場に入るまでの舞台の期待感までもが演出家の仕事・・・」と論じ、そして、「演出されたものよりも、主役を起たせる事が本来の演出家」「照明が良かったよね・・・」は望むところでは無い・・・との持論を。今日のゲストは?

M2: A night in Tunisia / Michel Legrand
M3: Images / Phil Woods
M4: Calm / 宮野寛子

□今週のアナログ

BRIEFCASE FULL OF BLUES/BLUES BROTHERS
ブルースは絆/ブルースブラザーズ ワーナー アトランティック P―10639A

M5: お前をはなさない
M6: ヘイ・バーテンダー
M7: メッシン・ウイズ・ザ・キッド
M8: ショット・ガン・ブルース
M9: グルーブ・ミー
M10: アイ・ドント・ノー
M11: ソウル・マン
M12:クロージング お前をはなさない

□今日の一言

憂鬱なのか?嬉しのか? バレインタインデーが近づくと女性の心も騒めく頃でしょうか? と言う宮野は、そんな気持ちは諦めた?ようで、自分で食べるチョコレートの方に関心あるようです。「もうそんな年ではない・・・」と言わずに、「恋」は年齢に関係ありません!宮野さん!!本気で君からチョコレートを頂いたら、世の男性は本気で喜びますよ。それも、ピアノの音色付きチョコレートなんてあれば良いですね。今年も楽しみ待っていま~す。(本気モードのスタッフ 談)

Opening Theme 「Ocean」宮野寛子
Closing Theme 「Feel Colors」宮野寛子

2019年が始まり…

今年はブログを書きたい思っていたにも関わらず早くも2月。
今からでもまだ間に合う…ということで振り返りつつ綴っていきたいと思います。

2019年は富士宮市にある村山浅間神社で迎えました。
富士山における修験道の中心地、元旦には水垢離の儀式も行われます。
境内にある水垢離場で流れ落ちる水に打たれ心身を清める様子は見ているだけでも心が洗われました。自己との対話を求める純粋な意識はこんなにも清々しい空気を作るのだと感動。粛々と受け継がれているこの神社、そして儀式は本来の日本の心を現しているように感じました。

 

富士宮市のシティプロモーションの楽曲作りをするにあたって、この村山浅間神社は一度、訪れなければと思っていた場所。法螺貝の音色を生で聴いてみたいという目的もありましたが、儀式の中で聴く法螺貝の音色は「山の声」のように聴こえました。大晦日の夜というのは特別な気持ちになるのかもしれません。

富士宮市の楽曲作りで法螺貝を入れたいという構想は初めからありましたが、実際に訪れてみて、やはり、この音は必要だと確信しました。
訪れてよかった、また次の新しい年もここで迎えたいと思いました。

#358 1月31日放送分

【使い続ける幸せ…】

M1: 明日になればもっと / ラヤトン

□なんて素敵な人生でしょう

ゲスト 真島 啓 さん(家具職人

 

俳優、脚本作り…から家具職人の道へ。真島さんにとって作るもの、表現するという意味では本質的なものは変わらないのだそう。「好き」を大切にコツコツ歩んでいる…そんな風に感じました。家具の魅力を再確認できるお話も。

M2: Interlude No.3 / LARRY GOLDINGS
M3: Isn’t It Romantic / LARRY GOLDINGS
M4: Dream Time / 宮野寛子

□今週のアナログ

「ギター、ギター/ハーブエリス~チャーリー・バード」

M5: カロライナの朝
M6: テイク・ケア・オブ・ユア・セルフ
M7: セント・ルイス・ブルース
M8: ジャズン・サンバ
M9: オー・レディー・ビー・グッド
M10: シングス・エイント・ホワット・ゼイ・ユースト・トゥー・ビー

□今日の一言

手作りの良さ…というのは年齢を重ねるにつれて感じるのでしょうか?人の手によって作られたもの、またその手が職人を技を感じるものだとしたら、なおさら存在感がかわってくるように感じます。使い捨て…が見直される時代が少しずつ近づいているような気がします。(スタッフ 談)

Opening Theme 「Ocean」宮野寛子
Closing Theme 「Feel Colors」宮野寛子

#357 1月24日放送

【まずは知ることから…】

M1: Visions of Gideon / Sufjan Stevens

□なんて素敵な人生でしょう

ゲスト 押川剛さん(トキワ精神保健事務所

「子供を殺してください」という親たち
この本のタイトルを見て皆さんはどんなイメージを思い浮かべますか?今日はその著者である押川さんのお話。現場に実際にいる方だからこそ語れるお話をお伺いしました。

M2: I Know You By Heart / Eva Cassidy
M3: Time Is A Healer / Eva Cassidy
M4: CHE.R.RY(YUI) / 宮野寛子

□今週のアナログ

「ジャズ・ン・サンバ/ミルト・ジャクソン」

M5: 君は人生の光
M6: 友に捧げる詩
M7: 雨の日と月曜日は
M8: インスピレーション
M9: イン・ザ・ビギニング
M10: ドリーム・アウエイ

□今日の一言

今回のcomfortは考えさせられる深いテーマでした。第一に知ることが大切…皆さん、一緒に考えていただけたら嬉しいです。(スタッフ 談)

Opening Theme 「Ocean」宮野寛子
Closing Theme 「Feel Colors」宮野寛子

#356 1月17日放送

【家族について…】

M1: Love,Love,Love / FLOY

□なんて素敵な人生でしょう

ゲスト 箕田圭一さん(株式会社デイドリーム・ビリーバー 代表取締役

人生の中で影響を受けるもの、こと、人いろいろありますが、今回のゲスト箕田さんはやはり箕田さんらしいお話を聞かせていただきました。このコーナー経営者の方にご登場いただくことも多いですが、人それぞれ、経営者の方もそれぞれ。みんな違ってみんないい…といいますが、まさにそんな風に感じました。

M2: ハートレス / ロニー・フォスター
M3: ライク・ア・チャイルド / ロニー・フォスター
M4: 全然前世(RADWINPS)/ 宮野寛子

□今週のアナログ

友に捧げる詩/ポール・ウイリアムス

M5: 君は人生の光
M6: 友に捧げる詩
M7: 雨の日と月曜日は
M8: インスピレーション
M9: イン・ザ・ビギニング
M10: ドリーム・アウエイ

□今日の一言

今回は宮野の祖母のお話を…。血が繋がっているだけが家族ではないのかもしれないですね。心の触れ合いから生まれる家族のような関係。それも何かのご縁かもしれませんが、地球に住む人みんなが家族だと思うと平和な世の中になりそうですね。全ては意識から…?些か壮大なスケールになりました。(スタッフ 談)

Opening Theme 「Ocean」宮野寛子
Closing Theme 「Feel Colors」宮野寛子

#354 1月3日放送分

【2019年を迎えました☆ 10周年を記念して宮野寛子特集】

今年、デビューして丸10年を迎える節目の年…ということで
宮野寛子の10年を振り返るスペシャルでお届けします。
Feel Like Alanは今回のために特別に自宅で録音してきたバージョンをお送りします。

M1: Re Start 
M2: Feel Like Alan
M3: An Impression Of Brazil
M4: 中西進先生講話音楽
M5: 恋(星野源)

M6: Snuggle Down
M7: In a Sunne Place
M8: Above The Clouds
M9: 花信風
M10: Blowin’in the winds

□今日の一言

5年間一般企業で働き、その後、ピアニストとし歩み始め、2008年の1stアルバムリリースから10年という節目を迎えることができました。宮野らしいゆっくりとした歩みではありますが、こうして今があることに心から感謝の気持ちでいっぱいです。皆さんの支えがあったからこそ続けてくることができました。この番組を通してリスナーの皆さんと触れ合えたことが宮野自身の大きな成長につながっていると思います。2019年は大きな一歩を踏み出したいと思います。そして、皆さんにとっても素晴らしい一年になりますように。(スタッフ 談)

Opening Theme 「Ocean」宮野寛子
Closing Theme 「Feel Colors」宮野寛子