1st Album「Precious Moments」


Precious Moments
宮野寛子(pf)
鳥越啓介(bs)
藤井学(ds)
宮野弘紀(gt) (#10,#11)
天野清継(gt) (#4)

All songs composed by Hiroko Miyano
Except #11 “Luiza” composed by Antonio Carlos Jobim

Release date: 2008/10/16
GNRS-001

iTunesで視聴

Amazonで視聴

Self Liner Notes

1. A Song For Yuki

初めて演奏した日はまだタイトルが付いていませんでした。
奇しくもこの日が祖母の命日となり、個人的な想いを込めて祖母へ捧げた一曲にしました。
水彩画を趣味としていた祖母の絵は、今でも私の心に深く残っています。

2. Feel Like Alan

大好きなピアニストの一人アラン・パスクァのアルバムを聴いていて出来た曲です。
作曲を始めてまもない頃、いつもとは違うアプローチでと思い作りました。

3. Precious Moments

アルバムを制作する事が決まってから「何か新曲を…」と作った曲。
イントロ、エンディングなどはリハーサルの時に、メンバーと意見を出し合って決めました。
こんなリハーサルの時間も私にとっての”Precious Moments”かもしれません。

4. An Impression Of Brazil

ブラジル音楽大好きな一人として、オリジナルでもサンバ系の曲を作りたいと思って出来た曲です。
といっても、かなりフュージョンっぽい感じかな?天野さんのソロは必聴です!

5. Afternoon Scene

タイトル通り「午後の情景」を思い浮かべて作った曲。
休日の午後ののんびりした風景です。私には珍しく曲作りからタイトルイメージが決まっていました。
実はAメロはすぐ浮かんだものの、そこから先がなかなか出来なくて苦労しました。

6. Long Street

自分は、のんびり一歩一歩進んで行くカメのようなタイプだなと思っています。
長い道のりでも進むべき道があるのは幸せなことです。

7. Moonlight

ライブで演奏する時はどんなイントロをつけるかいつも悩みます。
この曲のイントロは演奏して随分経ってから浮かんだもの。こうしてどんどん変化するのって楽しい♪

8. Restart

曲が出来てから構成がまとまるまで何度譜面を書き直したことか…
狙った訳ではありませんが、ようやく再出発できました。

9. Children’s Waltz

子供が戯れているような、そんな曲。
ワルツが好きでワルツばかり作っていた時期もあります(笑)

10. Winds Of My Heart

今年のお正月になんとなく出来た曲です。のんびりしたお正月という感じではありませんね(笑)
新しい年を迎える時は、自分と向き合う時間だったりします。

11. Luiza

カヴァー曲として選んだのは作曲家としても大好きなジョビンの曲。
クラシックのような美しい旋律が印象的です。